夜空の背景光より暗い銀河UGC 695 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた銀河UGC 695。くじら座の方向、3000万光年の距離にあります。

UGC 695は「低表面輝度(LSB)銀河」と呼ばれる銀河の1つです。LSB銀河は、夜空の背景光よりも明るさが弱いため観測が難しい天体です。LSB銀河に存在する物質は、星よりも主にガスや塵として存在しています。星は比較的広い範囲に分布しています。

LSB銀河はまた、矮小銀河のように、含まれる星の数に比べてダークマターの割合が高いと考えられています。

2019年9月9日にリリースされたハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」の画像です。

Image Credit: ESA/Hubble & NASA, D. Calzetti

https://spacetelescope.org/images/potw1936a/