宇宙から見た台風1号(ヴォンフォン)

5月12日夜、フィリピンの東で2020年最初の台風となる台風1号(ヴォンフォン)が発生しました。5月以降に台風1号が発生したのは、2016年以来になります。ちなみに2016年の台風1号(ニパルタック)は7月に発生しました。

過去50年間(1970〜2019年)の記録を調べてみると、台風1号の発生が5月以降になったのは10回あります。平均して5年に1回ほどで、多いわけではありませんが、けっして珍しいことでもありません。

画像は気象衛星ひまわり8号が、5月13日17時にとらえた台風1号(ヴォンフォン)です。NASA​​ Worldviewから取得しました。なおヴォンフォンとはマカオが提案した名前で「すずめ蜂」という意味です。

We acknowledge the use of imagery from the NASA Worldview application (https://worldview.earthdata.nasa.gov), part of the NASA Earth Observing System Data and Information System (EOSDIS).

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています