地球観測衛星がとらえた台風10号(9月6日)

九州地方に近づきつつある台風10号(ハイシェン)を、地球観測衛星スオミNPPがとらえた画像です。2020年9月6日午後1時過ぎに撮影されました。奄美大島の北東に台風の目があるのが分かります。

気象庁によれば、9月6日午後1時での台風10号の中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は65m/sでした。午後5時の時点では屋久島の西南西約70kmにあり、中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sとのことです。

We acknowledge the use of imagery from the NASA Worldview application (https://worldview.earthdata.nasa.gov), part of the NASA Earth Observing System Data and Information System (EOSDIS).

(参照)NASA​​ Worldview気象庁

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています