NGC 6397 | アストロピクス

NGC 6397

球状星団

ユークリッド宇宙望遠鏡がとらえた球状星団NGC 6397

2023年7月1日に打ち上げられた、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)のユークリッド宇宙望遠鏡の最初のカラー画像が11月7日に公開されました。画像はそのうちの1点で、...
球状星団

地球に近く、非常に古い球状星団「NGC 6397」 ハッブル望遠鏡が撮影

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた球状星団NGC 6397。さいだん座の方向、7800光年の距離にある、地球から最も近い球状星団の1つです。 球状星団は、数十万個の星...
銀河宇宙

球状星団NGC 6397の中心部にはブラックホールのクラスターが存在!

銀河の周囲には「球状星団」と呼ばれる星の集団が存在しています。球状星団では、星が球状に高密度で密集しています。そのような球状星団は、天の川銀河では150個ほど知られています。今回の研究で観測対象となったNGC 6397も、天の川銀河の球状星団の一つです。7800光年の距離にあり、地球に最も近い球状星団の一つです。
記事をシェアする
Twitterフォロワー1.8万超 アストロピクスをフォロー!