ホットジュピター | アストロピクス

ホットジュピター

太陽系外惑星

ホットジュピターの巨大なガスの尾が発見された

主星のすぐ近くを公転するホットジュピターである太陽系外惑星HAT-P-32bに、惑星半径の50倍以上にも及ぶ巨大なヘリウムの尾が発見されました。これまでにも系外惑星の周囲にできた尾が観測されたことはありますが、これほど巨大な尾は注目に値するとのことです。
太陽系外惑星

ウルトラホットジュピターの大気の温度マップ ウェッブ望遠鏡が測定成功

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡により太陽系外惑星「WASP-18 b」が観測され、惑星表面の温度マップが作成されました。 WASP-18 bは地球から400光年...
太陽系外惑星

恒星のアンチエイジングの秘訣はホットジュピター!?

NASA(アメリカ航空宇宙局)のチャンドラX線望遠鏡などの観測により、ホットジュピターには恒星のアンチエイジング効果があるらしいことの統計的な証拠が得られたとす...
太陽系外惑星

ホットジュピターの夜側のようすを明らかに。秒速5kmの風、鉄の雲、宝石の雨!?

太陽系外惑星の中には、恒星のすぐ近くを公転する木星のような巨大惑星が多く発見されています。そのような系外惑星は恒星に近く表面が高温となるため「ホットジュピター」...
太陽系外惑星

雲のないホット・ジュピターを初めて発見!

ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(CfA)の研究者らにより、2012年に発見された「WASP-62b」という太陽系外惑星には、大気中に雲やもやがないこ...
太陽系外惑星

ケオプスの初成果! ESAの系外惑星観測衛星がみたウルトラホットジュピター

ESAの太陽系外惑星観測衛星ケオプス(Cheops)の最初の成果が発表されました。2019年12月に打ち上げられたケオプスは未知の系外惑星を探すのではなく、すでに系外惑星を持つことが知られている星を観測する衛星です。
太陽系外惑星

36時間で夏と冬が2回ずつ訪れるホットジュピター

2017年に発見されたKELT-9 bという太陽系外惑星を、NASA(アメリカ航空宇宙局)の太陽系外惑星探査衛星TESSで観測し、その奇妙な実態が明らかになりました。
太陽系外惑星

知られている中で最年少のホットジュピターを発見!

私たちの太陽系では、木星や土星などの巨大ガス惑星は比較的外側を公転しています。ところが太陽系外では、巨大な惑星が恒星のすぐ近くを公転している例がたくさん見つかっ...
記事をシェアする
Twitterフォロワー1.7万超 アストロピクスをフォロー!