宇宙からみたフィリピン、タール火山の噴煙

2020年1月12日、フィリピン、ルソン島のタール火山が43年ぶりに噴火しました。報道によると、噴煙は1万5000mに達したとのことです。上の画像は、12日に気象衛星「ひまわり8号」がとらえたタール火山の噴煙です。タール火山はフィリピンの首都マニラの南60kmほどのところにあります。

Image Credit: NOAA

https://www.nesdis.noaa.gov/content/volcanic-eruption-philippines-forces-thousands-evacuate


アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています