探査機NEARシューメーカーがとらえた小惑星マチルダ

1997年6月27日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の小惑星探査機NEARシューメーカーが小惑星マチルダに最接近しました。上の画像はその際に撮影された画像をモザイク合成したものです。

マチルダは火星軌道と木星軌道の間の小惑星帯にある小惑星で、17.4日で自転しつつ4.3年で太陽を公転しています。直径およそ52kmのC型小惑星です。

NEARシューメーカーは最接近時、マチルダ表面から1200km以内まで近づき、25分間で500枚以上の画像を撮影しました。

1996年2月17日に打ち上げられたNEARシューメーカーは、97年にマチルダでのフライバイ後、小惑星エロスに向かいました。2000年2月14日にエロスの周回軌道に入り、2001年2月まで観測を行いました。

なお、NEARシューメーカーの名称はもともと「NEAR」でしたが、エロスの周回軌道に入った1か月後の2000年3月14日、アメリカの有名な地質学者ユージン・シューメーカーにちなみ、「NEARシューメーカー」へと変更されました。

Image Credit: NASA/JPL/JHUAPL

https://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA02477

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています