20年前の今日、生命維持システムなどを搭載したズヴェズダがISSにドッキング

2000年7月26日(日本時間)、ロシアのズヴェズダ(Zvezda)・サービス・モジュールが、ISS(国際宇宙ステーション)のザーリャ・モジュールにドッキングしました。

ズヴェズダには居住空間や生命維持システムなどが搭載されていました。この後、スペースシャトルなどによる準備を経てISSでの長期滞在が可能になり、2000年11月から長期滞在がスタートしました。

写真は2000年9月18日、スペースシャトル・アトランティスから撮影されたものです。下からユニティ、ザーリャ、ズヴェズダ、プログレス補給船が映っています。

Image Credit: NASA

https://www.nasa.gov/mission_pages/station/structure/iss_assembly_1r.html

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています