人類が月面に初めて降り立った

今年(2019年)は、アポロ11号で2人の宇宙飛行士が初めて月面に降り立ってちょうど50年に当たります。着陸船イーグルが月面に着陸し、アームストロング船長とオルドリン飛行士が月面への第1歩を踏み出したのは、1969年7月20日のことでした。

上の写真は、月面に立つオルドリンをアームストロングが撮影したものです。オルドリンのサンバイザーに、アームストロングや月着陸船が写り込んでいます。写真手前には靴跡がくっきりと残っています。

アポロ計画による宇宙飛行士の月面着陸は、1972年12月のアポロ17号まで行われました。地球以外の天体に人類が降り立ったのは、今のところそれが最後です。

Image Credit: NASA

https://www.nasa.gov/mission_pages/apollo/40th/images/apollo_image_12.html

上の画像は、アポロ11号から17号まで、月面着陸を果たせなかった13号を除く6号の着陸地点をプロットしたものです。6か所の着陸地点は全て月面の地球側で、比較的赤道に近い地域にあります。

Image Credit: NASA/Goddard Space Flight Center Scientific Visualization Studio

https://moon.nasa.gov/resources/52/apollo-landing-sites/

アストロピクスではTwitterやFacebookでも更新情報をお届けしています