ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたきらめく銀河ESO 318-13

この画像に映っているのは、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたポンプ座の銀河ESO 318-13です。地球から2000万光年以上離れているにもかかわらず、多くの星々が鮮明に映し出されています。

ESO 318-13の中央付近に、ひときわ明るい星が輝いています。一見するとESO 318-13の星のように見えますが、実際にはESO 318-13よりはるか手前にある天の川銀河に属する星です。画面内には同じような明るい星がいくつも映っています。

一方で、ESO 318-13よりも遠方にある銀河も画像にはいくつも映っています。画面右上の楕円銀河はESO 318-13よりはるかに大きいのですが、遠くにあるため小さく見えています。

またESO 318-13の右端付近には、遠方にある渦巻銀河が透けて見えています。銀河にある星自体の体積はそれほど大きくはなく、星間空間に塵が少なければ銀河の向こう側が透けて見えるのです。

画像は2012年に撮影され、2012年12月3日のハッブル宇宙望遠鏡の「今週の1枚(Picture of the Week)」としてESA/Hubbleのウェブページでリリースされていました。2022年6月15日にNASA(アメリカ航空宇宙局)のウェブページで改めて「今日の1枚(Image of the Day)」として紹介されました。

Image Credit: NASA/ESA/Hubble

(参照)NASAESA/Hubble

タイトルとURLをコピーしました