H3ロケット2号機、2月17日に打ち上げへ ライブ配信も予定 | アストロピクス

【Googleニュースでアストロピクスをフォローして新着記事をチェック!】

H3ロケット2号機、2月17日に打ち上げへ ライブ配信も予定

JAXA(宇宙航空研究開発機構)のH3ロケット2号機の打ち上げが、2024年2月17日に予定されています。JAXAでは当日、種子島宇宙センターでの打ち上げのライブ配信を予定しています。

打ち上げ予定時刻は2月17日(土)9時22分55秒。打ち上げ時間帯は13時6分34秒までが設定されています。ライブ配信は、打ち上げ予定時刻の約90分前〜打ち上げ約30分後までの予定。翌日の2月18日から3月31日までが予備日として設定されています。

H3ロケット1号機は、2023年3月7日に先進光学衛星「だいち3号(ALOS-3)」を搭載して打ち上げられましたが、第2段のエンジンに点火せず衛星の軌道投入に失敗しました。2号機では「VEP(Vehicle Evaluation Payload)-4」という性能確認用のペイロードが搭載されます。これは質量や重心の位置などがだいち3号と同等になるようにした衛星のダミーで、高さ約3.5m、直径約0.4mの柱上の構造物です。そのほかに2機の小型衛星(CE-SAT-IEとTIRSAT)が搭載されます。

スポンサーリンク

リフトオフ後のシーケンス

こちらはH3ロケット2号機のフライトシーケンスのCGです。

JAXAの資料によると、リフトオフ後の予定は以下のようになっています。

リフトオフ0分0秒
SRB-3分離1分56秒
衛星フェアリング分離3分30秒
メインエンジン燃焼停止(MECO)4分55秒
第1段・第2段分離5分2秒
第2段エンジン第1回推力立上がり(SELI1)5分14秒
第2段エンジン第1回燃焼停止(SECO1)16分28秒
CE-SAT-IE 分離16分49秒
TIRSAT分離25分9秒
第2段エンジン第2回推力立上がり(SELI2)1時間47分8秒
第2段エンジン第2回燃焼停止(SECO2)1時間47分34秒
VEP-4分離1時間48分14秒

(2月14日更新)打ち上げは当初、2月15日に予定されていましたが、天候悪化が予想されたため延期が発表されていました。

(参照)H3試験機2号機特設サイト