FBOT | アストロピクス

FBOT

銀河宇宙

珍しい大爆発現象が予期しない場所で発生していた ハッブル望遠鏡が観測

ハッブル宇宙望遠鏡の観測により、「LFBOT(Luminous Fast Blue Optical Transients)」と呼ばれる明るく輝く天体現象が、銀河から離れたところで発生したことが判明しました。LFBOTは珍しいタイプの超新星と考えられていましたが、星の寿命から考えてそれほど移動するとは考えられず謎が残ります。
星・星雲・星団

球形の星が扁平に爆発!?

イギリス、シェフィールド大学のJustyn Maund氏らにより、約1億8000万光年の距離にある銀河で「FBOT(Fast Blue Optical Tran...
超新星

新しいタイプの宇宙の大爆発を発見!

宇宙で起きる大爆発といえば、超新星爆発やガンマ線バーストなどがあります。2018年6月、それらとは異なる大爆発が、2億光年彼方の銀河で発生したのがとらえられました。 「AT2018cow」と名付けられたこの天体は、超新星爆発と比べて初期の明るさが異常に明るく、急速に暗くなるなどの特徴がありました。また非常に高温のため標準的な超新星よりも青く見えます。
記事をシェアする
Twitterフォロワー1.8万超 アストロピクスをフォロー!