スポンサーリンク
銀河宇宙

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた“ビックリマーク”銀河

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたUGC 9618(VV 340、Arp 302)と呼ばれる銀河のペア。相互作用の初期段階にある、ガスが豊富な2つの銀河です...
太陽系

恒星間天体ボリソフ彗星の最新画像 〜 11月24日、ケック天文台で撮影

クリミアのアマチュア天文学者Gennady Borisov氏によって2019年8月30日に発見されたボリソフ彗星(2I/Borisov)は、2017年...
太陽系

火星全体を覆った巨大な砂嵐

火星では、惑星全体を覆ってしまうような大規模な砂嵐が発生することがあります。 上の画像は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・グロ...
太陽系

土星最大の衛星タイタンの向こうに隠れるテティス

土星の衛星テティスが、衛星タイタンの向こう側に隠れています。今から10年前の2009年11月26日に、土星探査機カッシーニがとらえた画像です。 ...
銀河宇宙

りゅう座にある相互作用銀河Arp 293 〜 ハッブル宇宙望遠鏡の今週の1枚

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた相互作用銀河Arp 293。りゅう座の方向、2億5000万光年以上の距離にあります。左の銀河NGC 6285と右の銀河NG...
太陽系

冥王星の山地に、登山家・故田部井淳子さんにちなんだ地名が付けられた

女性として世界で初めてエベレスト登頂や七大陸最高峰への登頂に成功した登山家、故田部井淳子さんの名前にちなんだ地名が、冥王星の山地に付けられました。 ...
星・星雲・星団

宇宙に現れた「OK」サイン!? WISEがとらえた反射星雲DG 129

NASA(アメリカ航空宇宙局)の赤外線天文衛星WISEが赤外線でとらえた反射星雲DG 129。ガスと塵の雲が、近くにある星の光を反射して光る星雲です。...
銀河宇宙

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた渦巻銀河NGC 2082

かじき座の方向、約6000万光年の距離にある渦巻銀河NGC 2082を、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた画像です。銀河円盤が垂直方向から見えており、中央部...
地球

日本付近に現れたカルマン渦の衛星画像10選

冬の時期、日本付近の海上で、渦の形をした雲が列をなして出現することがあります。そのような渦は「カルマン渦」と呼ばれ、屋久島や韓国の済州島の南側でよく見られます...
太陽系

ジュノー探査機が2019年11月にとらえた木星の南半球

NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーがとらえた木星の南半球です。木星の南極付近にある大規模なサイクロンや、混沌と入り乱れたような雲のよう...
太陽系

日本の太陽観測衛星「ひので」がX線でとらえた水星の太陽面通過

日本時間の2019年11月11日夜から12日未明にかけて、水星が太陽の前を通過して見える現象(水星の太陽面通過)がありました。 先日、NASA(...
地球

オーストラリア、シドニー近郊での森林火災の煙を宇宙からとらえた

ヨーロッパの地球観測衛星センチネル2がとらえた、オーストラリア南東部で発生している森林火災の煙のようす。 現地時間の2019年11月21日11時...