記事一覧

火星

マーズ・グローバル・サーベイヤーがとらえた火星の初夏の北極冠

上の画像は火星の北極冠をとらえたもの。NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが撮影した画像です。 火星の両極...
土星

カッシーニ探査機が、周回軌道投入後まもない時期にとらえた土星

1997年に打ち上げられたカッシーニ探査機は、2004年6月末に土星の周回軌道に入りました。この画像は、土星への軌道投入から間もない2004年10月6...
星・星雲・星団

宇宙のプレッツェル 〜 アルマ望遠鏡がとらえた赤ちゃん星の連星系

アルマ望遠鏡がとらえた2つの赤ちゃん星からなる連星系が、まるで焼き菓子のプレッツェルのような形をしていました。この連星系は、暗黒星雲バーナード59の小...
星雲

若い大質量星が作り出した、ガスと塵の雲の中の多数の泡

NASA(アメリカ航空宇宙局)のスピッツァー宇宙望遠鏡が赤外線でとらえたガスと塵の雲。銀河系内、わし座の方向にあります。画像には、若い大質量星からの恒...
銀河宇宙

まるでクラゲ? アルマ望遠鏡やVLTがとらえた銀河の「尾」

この画像は、渦巻銀河ESO 137-001をとらえたものです。ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された画像に、アルマ望遠鏡のデータと、ESO(ヨーロッパ南天天文...
地球

宇宙から見た南極のオーロラ(2017年6月25日撮影)

国際宇宙ステーション(ISS)から見たオーロラ。ニュージーランドの近海、高度407kmからとらえられた南極のオーロラです。第52次長期滞在クルーの、N...
銀河宇宙

2つの銀河の衝突・合体の現場、メドゥーサ銀河

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたNGC 4194。2つの銀河が衝突・合体しつつある銀河です。おおぐま座の方向、約1億3000万光年の距離にあります。 ...
銀河宇宙

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた南天の回転花火銀河M83

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河M83(NGC 5236)。うみへび座の方向、1500万光年の距離にあります。たくさんの星団や星形成領域、超新星...

NASAの月探査機がとらえたインドの月着陸機の着陸地点周辺

インドの月探査機チャンドラヤーン2号の着陸機ヴィクラムは、2019年9月6日に月の南極付近への着陸を試みました。高度2.1kmまでは順調に推移していま...
木星

ジュノー探査機がとらえた、木星に落ちる衛星イオの影

NASA(アメリカ航空宇宙局)の木星探査機ジュノーが、木星の表面に落ちる衛星イオの影をとらえた画像です。 影の幅は約3600kmで、イオの幅とほ...
宇宙開発

NASAの歴代火星探査車の大きさ比較

この写真は、NASA(アメリカ航空宇宙局)が火星に送り込んだ3世代の探査車の大きさを比較したものです。 NASAが初めて火星に送り込んだ探査車は...
恒星質量ブラックホール

ブラックホール周囲の円盤を可視化 NASAが公表した新映像

この映像は、ブラックホールの周囲のようすをシミュレートして映像化したものです。NASA(アメリカ航空宇宙局)が2019年9月25日に公表しました。 ...